身体に入れたタトゥを消すために

胸やおなかのタトゥや入れ墨を消すには皮膚の特性、皮膚の余剰があるかどうかも関係します

豊富な経験でベストな結果を導き出す、タトゥ除去のプロフェッショナル

専門医のカウンセリングにより、その人に合ったタトゥ除去を行う

最新レーザーを駆使して、肌への負担が少ないことが魅力

豊富な臨床例があり、さまざまな種類のタトゥ除去を手がけている

分かりやすい価格設定と、専門医の確かな執刀で支持率高!

丁寧なカウンセリングと豊富な臨床例がある

部位別のタトゥ

胸・お腹

胸・お腹

皮膚の余剰の多さやタトゥのサイズや色使いなど、一概には言えませんが、腕から手にかけて、それぞれのパーツで一般的に選ばれるタトゥを消す方法を解説。

いつもは洋服で隠れているけれど、水着や肌見せファッションの時に、アクセントになるのでは…と入れる人が多いパーツです。
それゆえに、多くの色を使ったカラフルなものが多く、機種によってはレーザーが反応しにくいものもあります。
また、内臓が集中している大切な機関があるパーツなので、タトゥを消すにあたっては信頼できる医師選びがとにかく大切。

まず、「チラ見せ」感覚で入れる人が多い胸部の上部について。
ここは、比較的皮膚に余裕があるので、多少大きいタトゥでも、切除手術で消すことが可能。
ただ、皮膚にゆとりがあるといっても、引っ張り過ぎてしまっては乳首の位置が不自然になるケースもあり、やはり総合的な美的感覚を持った医師の施術を受けたい。

また、女性の場合は特に、術後の傷口を圧迫固定が困難で、血腫やケロイドになる可能性が高くなることも知っておきたいもの。
それゆえにレーザーで消すことを選ぶ人が多い部位でもあります。

お腹については、数回にわたる切除手術で、除去する方法を選ぶ人が多数。
広範囲にわたるタトゥに関しては、剥削というタトゥの色素が入った皮下組織をごっそり削り取る方法がとられることも。