身体に入れたタトゥを消すために

二の腕や手の甲のタトゥや入れ墨を消すには皮膚の特性、皮膚の余剰があるかどうかも関係します

豊富な経験でベストな結果を導き出す、タトゥ除去のプロフェッショナル

専門医のカウンセリングにより、その人に合ったタトゥ除去を行う

最新レーザーを駆使して、肌への負担が少ないことが魅力

豊富な臨床例があり、さまざまな種類のタトゥ除去を手がけている

分かりやすい価格設定と、専門医の確かな執刀で支持率高!

丁寧なカウンセリングと豊富な臨床例がある

部位別のタトゥ

手・腕

手・腕

皮膚の余剰の多さやタトゥのサイズや色使いなど、一概には言えませんが、腕から手にかけて、それぞれのパーツで一般的に選ばれるタトゥを消す方法を解説。

まず、二の腕はワンポイント的なものを入れる人も多いですが、ぐるっとブレスレット状に入れる人も多数。
いずれもレーザーか切除で対応します。

ただ厄介なのはブレスレット状に入れてしまったもの。
上下の皮膚をつなぎ合わせる場合、後々の可動性なども考慮し、幅が細いものであれ数回にわたる場合も。
それに、傷痕がリンパ節や血管を圧迫し、思わぬ合併症が起こる心配もあります。

一度に行うのではなく、期間をあけて切除手術を行うのはそのためです。だからこそ、経験豊かな医師にやってもらうとベターなのではないでしょうか。

また、タバコの箱サイズなど、二の腕の面積の割には広範囲にわたるタトゥも多いです。
これは、レーザーを数回照射しても思うように消えずに、結果的に皮膚を切り取る切除手術となり、ダブルで治療費がかかることもあります。

最近、多いのは指の付け根にリング状にタトゥを入れてしまったり、手の甲などにワンポイントで入れてしまうケース。
色素を深く入れてしまうと、レーザーでもなかなか消えず、皮膚の余剰がないために、高額な皮膚移植になることも。