美容外科でタトゥ・刺青の除去

タトゥには、色、形、柄、深さ、部位などにより除去方法は複数あります

  • HOME > 
  • タトゥー・入れ墨の除去方法

豊富な経験でベストな結果を導き出す、タトゥ除去のプロフェッショナル

専門医のカウンセリングにより、その人に合ったタトゥ除去を行う

最新レーザーを駆使して、肌への負担が少ないことが魅力

豊富な臨床例があり、さまざまな種類のタトゥ除去を手がけている

分かりやすい価格設定と、専門医の確かな執刀で支持率高!

丁寧なカウンセリングと豊富な臨床例がある

タトゥー・入れ墨の除去方法

タトゥー・入れ墨は入れるときも、決して簡単ではないし安いものではありません。ただ、消すときはその何倍もの労と医学的技術が必要。また、タトゥーの特性により、消し方はなります。ここでは、その一般的な4つの方法を解説します。いずれも経験豊富な専門医によるカンセリングがないと目たなくはできません。信頼のおけるクリニックや意志選びが、何よりも大切なのです。

レーザー

黒一色、ブルー一色など単一カラーのタトゥー向き。直接レーザーを当てることで、徐々に薄くしていくというもの。色が浅ければ回数は1~2回で終わり、広範囲にわたったり、色が濃い場合は、5~10回かけて半年~1年超えの計画で行うことも。医師のテクニック、レーザー機器の質なども仕上がりを左右。痛みが少なく肌への負担が軽いことが魅力。

切除

タトゥーが入った部分の皮膚を切除し、周囲の皮膚を縫い合わせる方法。医師のテクニックと、経験が仕上がりを左右する。タテや横に切除する場合と、ジグザグに切除する方法が一般的。手術痕が残ってしまうことが多く、これを目立たなくする美容外科的アプローチを行うクリニックを選ぶ人も多い。術後3~6か月で目立たなくなるケースがほとんど。

剥削

剥削(はくさく)は、局所麻酔下に刺青のある皮膚を削り取る方法。タトゥそのものを比較的短時間で除去できることで注目されている手法だが、皮下組織へのダメージを最低限に施術できる医師は少ない。また1回の治療で取り除くことができても、術後すぐは、やけどのような跡が残り、1年くらいかけて薄くなっていく。この術後のケアも大切になってくる。

植皮

広範囲にわたるタトゥは、切除を何回かに分けて行っても、消すことは困難。そこで、植皮を行う。これは、タトゥが入っている部分の皮膚とを切り取り、その欠損してしまった部位に、他の健康な部位から皮膚を移植する。さまざまな手法があり、安全性と成功率が高いものを入念なカウンセリングで選ぶクリニックが多い。