美容外科でタトゥ・刺青の除去

剥削は、局所麻酔下に刺青のある皮膚を削り取る方法

豊富な経験でベストな結果を導き出す、タトゥ除去のプロフェッショナル

専門医のカウンセリングにより、その人に合ったタトゥ除去を行う

最新レーザーを駆使して、肌への負担が少ないことが魅力

豊富な臨床例があり、さまざまな種類のタトゥ除去を手がけている

分かりやすい価格設定と、専門医の確かな執刀で支持率高!

丁寧なカウンセリングと豊富な臨床例がある

タトゥー・入れ墨の除去方法

剥削

剥削
皮下の色素部分のみを取り除く、皮膚の負担を少なく消す方法

「剥削(はくさく)」は「削皮(さくひ)とも言われ、局所麻酔下にある、タトゥや刺青の色素があるある皮膚を削り取る方法。
使う器具は、レーザーや電子メスなど。タトゥそのものを比較的短時間で除去できることで注目されている手法だが、皮下組織へのダメージを最低限に施術できる医師は少ないともいわれている。
また1回の治療でタトゥそのものを取り除くことができても、術後すぐは、やけどのような跡が残ることも知っておきたい。
これは、1年くらいかけて薄くなっていくが、この術後のケアも大切になってくる。

メリット

広範囲にわたるタトゥも、皮下の組織を削り取るため皮膚移植が少なくて済む。
背中一面にわたる広範囲なものも、2~3時間程度で削ることができる。

デメリット

術後ケロイドになりやすい。医師に「どれだけ削ればいいか」という高度なテクニックが求められる。
また、術後赤みや腫れ、ほてりやかゆみが起こることも。

費用の目安

ハガキ大サイズで1回 ¥100,000~